風邪による背中の痛み

公開日: : 痛みの種類

風邪による体の痛み

風邪を引くと背中に痛みを覚えることがありますが、その原因の多くは咳が出る時にはどうしても、瞬発的に筋肉を使う為に、普段使ったことのない筋肉を動かすからという考えもありますが、単なる背中の筋肉痛であれば風邪の症状がおさまれば改善されます。

ところが、その後の痛みが続くようであれば、他に原因あるのではと疑ってみることが必要です。

たかが風邪と思っていたら実はその痛みは肺炎だったとか、重大な病気の予兆である可能性もあるからです。

風が引き金となって背中の痛みを誘発してしまう病気で考えられるのは、大きく分けて3つあります。

  1. 内臓の疾患を原因とする痛み
  2. 骨の異常による疾患に関する痛み
  3. 疲労等による筋肉等の異常による痛みです。

風によって普段から弱い部分に影響が出てきたと考えられています。

風は万病の元といいますが、風邪を引くことで体力が弱り、内臓の疾患がある人であれば、胃・心臓・腎臓・すい臓といいろな箇所が異常をきたし、痛みを発することになります。

ウイルスとの戦いで痛くなる

風邪を引くと、鼻水が出る・咳が出る・喉が痛痒くなる・喉が痛くなるなどの症状がでますが、熱が出る症状もあり、その時に関節痛や筋肉痛になることもあります。

その痛くなる原因はウイルスが体内に侵入してきた際に、体がウイルスを体外に出そうとし、発熱作用と発痛作用の物質を分泌するからなのです。

実は背中が痛くなる原因のもうひとつの理由は、風邪の時に発熱と背中の痛みや関節痛が起こるのは、身を守るために免疫細胞がウイルスと戦っていることで熱が出、熱が下がれば次第に背中の痛みや関節痛が治まるようになっていたのです。

ですから背中の痛みが単なる風邪の原因であれば、ほとんどの痛みはウイルスとの戦いが原因だと考えて良いと思います。ただ、あまりに痛みがひどい場合は、医師に相談し、解熱鎮痛剤を処方してもらうようにし、治りかけて来たらば軽い運動で血流をよくすれば痛みなくなります。

関連記事

no image

冷えと背中の痛みって関係あるの?

「冷え」による体温と脈拍 体を冷やすとどうしてダメなのかは、世代を超え子供時代から何度も親から言わ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
「骨の異常」からくる背中の痛みって?

背骨の異常から来る痛み 背骨の事を脊椎とも言いますが、我々の身体を重

no image
風邪による背中の痛み

風邪による体の痛み 風邪を引くと背中に痛みを覚えることがありますが、

no image
塩分の摂り過ぎで背中が痛くなる?

塩分の取りすぎが、なぜ体に悪いか 高血圧の原因の一つに塩分の取りすぎ

no image
冷えと背中の痛みって関係あるの?

「冷え」による体温と脈拍 体を冷やすとどうしてダメなのかは、世代を超

no image
背中が痛い原因と症状

背中の痛みは単純ではない 背中の痛みを引き起こす原因には、実は筋肉疲

→もっと見る

PAGE TOP ↑