背中が痛い原因と症状

公開日: : 痛みの原因

背中の痛みは単純ではない

背中の痛みを引き起こす原因には、実は筋肉疲労・筋肉痛だけではありません。

他にも、骨の異常や内臓疾患、隠された原因として考えられる病気や疾患があるのです。

背骨や体のゆがみ・胃・肝臓・腸・ 椎間板ヘルニアなどなど様々考えられます。

背中の痛みの症状の中で、一番怖いのは内臓原因による痛みなのですが、背骨を中心に左右の痛みによっても原因が大きく違います。

例えば右の場合には、・肝ガン・肝炎・胆石症・胆嚢ガン・胆嚢炎・十二指腸潰瘍・腎臓結石の病気であることが考えられます。

では左側が痛いと感じた場合にはどこを疑うかと言えば、・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・急性膵臓炎・慢性膵臓炎、・狭心症・などが考えられますので、いずれにしろ左右どちらが痛くても危険シグナルを発信していると思い警戒する必要が出てきるのです。

右側の背中の痛みから判断する病気

背中の痛みと、発熱や吐き気食欲不振の症状が出らた、少しオーバーと考えずに、肝炎、肝臓ガンの病気の可能性を疑って見て下さい。

肝臓は沈黙の臓器と言われておりますので、病気が進行しないと痛みを感じ場合が多いですから要注意です。

次に疑うのは、右背中の下が痛むようであれば、胆石・胆嚢炎・胆嚢ガン・胆管ガンの病気の可能性を疑って見ることです。

胆石の場合はシグナルとして、尿の色が白くなったり濃くなりますので日常生活からの発見は可能ですが、脂質の多い食品やストレスからの原因で発症する場合が多いので注意して下さい。

次に腎臓結石ですが、進行しますと、夜中に背中の痛みで何度も目が覚めますし立てない程の激しい痛みを伴いますし、胆嚢ガンが疑われる場合には下血の症状が出ますので、早めに病院で検査を受けた方が良いと思います。

左側の背中の痛みから判断する病気

左と言えば何と言っても心臓でしょう。

左側肩から背中に痛みがある場合は狭心症の可能性が考えられ、動悸・息切れ・頭痛・吐き気・などの症状がみられます。

時間と共に自然に治まりますが、頻繁に痛む場合は病院に行って検査をお勧めします。

怖いのは心筋梗塞ですが、もし30分以上継続して痛むようであれば即専門医へ走って下さい。

左背中から下の方へ痛みがある場合は、胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃ガン・などの病気が考えられますが、膵炎・膵臓ガンなどの可能性も疑ってみてください。

シグナルとして、吐き気・嘔吐・下痢・便秘などが出ますし、膵炎の場合には空腹時に痛み食事をする治まるので何となく分かると思います。

その他の特徴として、膵臓ガンを疑うのであれば、黄疸が出て顔色や白目が黄色くなる場合がありますので小さなシグナルを見逃さないで置くことです。

関連記事

no image

塩分の摂り過ぎで背中が痛くなる?

塩分の取りすぎが、なぜ体に悪いか 高血圧の原因の一つに塩分の取りすぎがありますが、少し説明を加えま

記事を読む

no image

「骨の異常」からくる背中の痛みって?

背骨の異常から来る痛み 背骨の事を脊椎とも言いますが、我々の身体を重力から支える役割を担ってますし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
「骨の異常」からくる背中の痛みって?

背骨の異常から来る痛み 背骨の事を脊椎とも言いますが、我々の身体を重

no image
風邪による背中の痛み

風邪による体の痛み 風邪を引くと背中に痛みを覚えることがありますが、

no image
塩分の摂り過ぎで背中が痛くなる?

塩分の取りすぎが、なぜ体に悪いか 高血圧の原因の一つに塩分の取りすぎ

no image
冷えと背中の痛みって関係あるの?

「冷え」による体温と脈拍 体を冷やすとどうしてダメなのかは、世代を超

no image
背中が痛い原因と症状

背中の痛みは単純ではない 背中の痛みを引き起こす原因には、実は筋肉疲

→もっと見る

PAGE TOP ↑