ぎっくり背中とは?

急な背中の痛みの(ぎっくり背中)

実はこれには、正式な病名は無く、ぎっくり腰(急性腰痛)の様に、急に痛みを覚えることからきた表現なので、急な背中の痛みを「ぎっくり背中」と言われているのです。

痛みは意外と広範で、背中の中央から肩甲骨周辺までも及びます。

慢性的な痛みではないのですが、重症な場合は筋違い、肉離れなども考えられますので、手当が必要になりますが、長期間背中の痛みがあったりする場合には、他の症状も含めて内臓疾患の可能性も考え病院での受診をお勧めします。

一番の原因は、運動不足が挙げられますが、一方で、実は、背中の筋肉や関節機能は、筋肉のアンバランスや姿勢の変化に影響を受けやすいので、筋肉への過度な緊張や筋繊維微細断裂といった可能性が考えられる場合もあります。

いずれも多くは、日常生活の些細な動作から発する場合が多いので、例としては、荷物を取ろうとした場合とか、着替えの瞬間とか、クシャミや咳と言った場合でも起きますので、考えられる原因としては、筋肉量の低下の人程かかりやすいようです。

それから、仰向けになって寝る場合に苦痛であれば、なるべく痛いほうが上にして横になって寝るのが基本にになりますが、背中にクッション等を入れて上体を斜めに起こした状態で寝て見ることもお勧めします。

ギックリ背中は筋膜の異常からくる

結論的に言えば、ギックリ背中は医学的には筋膜の損傷ということになるのです、実は、簡単に言えば、人間の体は皮膚や筋肉や内臓など軟部組織と骨でできているのですが、その中にある筋膜も重要な働きをしているのです。

その筋膜には、筋膜(筋内膜・筋周膜)と、筋肉を包む筋外膜という深部筋膜と、皮膚や皮下脂肪)の下にある皮下筋膜というものがあり、筋膜にショックを与えることで、シート状になっているとされる筋膜が影響を受けるころで、ギックリ背中と呼ばれているのです。

要するに、ギックリ背中になりやすい人は、常に肩凝りや腰痛のある人、疲労が溜まっている人、筋力の低下の人、あるいは、くしゃみや咳で背中が痛い人、体をひねると痛い人、といった人が比較的多いので、日常生活の中に運動を取り入れた意識した環境が一番の予防策ではないかと思います。


公開日:

no image
「骨の異常」からくる背中の痛みって?

背骨の異常から来る痛み 背骨の事を脊椎とも言いますが、我々の身体を重

no image
風邪による背中の痛み

風邪による体の痛み 風邪を引くと背中に痛みを覚えることがありますが、

no image
塩分の摂り過ぎで背中が痛くなる?

塩分の取りすぎが、なぜ体に悪いか 高血圧の原因の一つに塩分の取りすぎ

no image
冷えと背中の痛みって関係あるの?

「冷え」による体温と脈拍 体を冷やすとどうしてダメなのかは、世代を超

no image
背中が痛い原因と症状

背中の痛みは単純ではない 背中の痛みを引き起こす原因には、実は筋肉疲

→もっと見る

PAGE TOP ↑